足脱毛ここがポイント

足脱毛は、足の部分別に、特性が違ってきます。

 

足のうち毛量が多く、脱毛時間も長くかかるのでとてもやっかいです。

 

すね毛は簡単に濃くなり、自分の家でかみそりなどを用いて手入れをして何日かするとさらに濃くなってしまうという自己処理に限界のある部位でしょう。
すねの皮膚というのは違うところより厚さがないため、負担の小さい脱毛が良いでしょう。

 

そして、膝も毛が多くなりやすく、足の脱毛のうち多く施術が行われる部位です。
ただし、荒れたり乾燥したりしやすいという厄介さもあるので、肌の状態が良好な際に脱毛処理することが大切です。

 

とりわけ脱毛の間近では乾燥に注意し、乾燥から保護してくれるクリームを忘れず塗りこみましょう。
それと、肌の良い調子をキープして脱毛に取り組み、脱毛直後もしっかりと保湿するようにします。

 

それから、ビキニラインまでを範囲とすると足で最大の広さになっているのが太もものパーツです。
産毛は太ももに多く見られ、ビキニラインには陰毛が長くなりますので、足の中で最高に扱いにくい脱毛になります。
それにビキニラインは黒くなりやすくて、太ももの裏側は見えにくいといった特徴があります。

 

 

足指に施す脱毛は、足の部位のうち最大に痛みが現れると認められています。
毛抜きを利用して脱毛してしまいがちですが、痛みの度合いが増すため避けておくのが無難です。
足以外の部位と比べて足の脱毛は、皮膚に厚さがなく痛みも大きくなりやすいため、プロに相談を行い、肌への負担の軽い自分にとってベストな脱毛を厳選するようにしましょう。

エステの光脱毛はどうでしょう

肌へのダメージをごく少量に抑えた足脱毛をしたいなら、医療機関やエステサロンで実施してもらうのが有効です。
エステサロンの場合、技術を学んだエステティシャンが足脱毛の施術をしてくれますが、医療行為に及ぶ毛根除去はできないのです。
そのために、サロンでは、一時脱毛または光脱毛が大概採用されています。

 

光脱毛についてはIPL脱毛という言い方がされ、この方法だと光をあてることで足脱毛を施します。
レーザーを利用するのは医療行為とされるため、エステ用に開発されたのがこの脱毛です。
このIPLというのはレーザーに比べ光の度合いが強くなく、フィルターを使うことで、基準値の波長よりも短くなっているものを焼き切るという脱毛処理をします。

 

この脱毛方法については、脱毛がどのくらい広範囲になるかで差異が出てきますが、ひと月に一回くらいIPLの照射を実施し、五回程度通って足の脱毛をしていきます。
エステサロンによって色々でしょうが、脱毛終了後も数年間に渡り補償期間を準備しており、相談および再脱毛OKというサロンもあります。

 

それから、IPL脱毛については、永久脱毛だと言っているエステサロンも見られます。
脱毛が終了するとあとは毛が生えないという人もいますが、毛根そのものを除去できていないので、再度毛が伸びてくる場合もあるものです。

 

 

IPLは光ですから、医療行為であるレーザーよりも弱い反面、メリットもあります。
それは、お肌が弱い人にはレーザーは強すぎるケースがあるからです。
医療機関だからといって、万が一の際にやけどを負った場合、完全に治るわけではなく、跡が残る心配もあります。

 

その点、エステの光脱毛であれば、ほとんどやけどの心配はありません

 

一長一短ありますから、お好みで選ぶと良いでしょう。

 

銀座カラー

 

銀座カラーでは、トライアルコースとして、キホンの!女子力コースを行っています。

(WEBアンケート記入で2800円)
ひざ下とひじ下の見える部分にプラスしてもう一つの部位ですから、すごいお得なプランですね。
更にレギュラーコースを付けると、一カ所(フリーチョイス部位9カ所の中から)無料で付いてきて、3800円がキャッシュバックされます。

 

文章で書くとわかりづらいですが、公式サイトでキャンペーン情報をご覧ください。

 

 

エピレ

Fプランの脱毛ファーストプランはオススメです。
また、VIOも安いですね。

 


詳しくは、公式HPでキャンペーン情報をご覧ください。


レーザー脱毛はどう?

とりわけ足の脱毛としてレーザー使用の脱毛は希望する人が多いでしょう。
このレーザー脱毛とは、毛根を壊して脱毛する方法なので永久脱毛となります。
そのことから医療行為に該当し、医者のいる医療施設でレーザー脱毛が施されています。
この医療機関とは、美容外科や皮膚科などといった科でレーザー脱毛が施術されます。

 

レーザーは人工の光の一つに数えられ、同種の光が集まり強力なエネルギーを生じさせます。
それによって毛に存在するメラニンに熱を伝達させ、毛根を根っこから焼いて脱毛していきます。

 

レーザーを使用する脱毛は、2ヵ月に2回から3回くらいの頻度で毛のサイクルに従って実施されます。

 

休止期が毛にはあって、この時期には発毛しないので、脱毛が行えないのです。

 

なお電気脱毛の方法と比べてみても、一回の脱毛に際しての時間は短いはずです。
特に、足の脱毛は皮膚が薄い個所が多いため、個々で違いますが、脱毛のときに痛みを覚える人がわりといるようです。
肌に跡が残ることなく、かつ永久脱毛ですので、綺麗な足を保つことができますが、軽めの炎症が肌の内側に現れてしまう人もいるものです。

 

肌が過敏なケースでは、ちゃんと医療機関で聞いた上でレーザー脱毛をやりましょう。
もし脱毛した後に問題が生じても、医療機関であるためすぐに治療を受けられるのもこの脱毛の長所です。
この他、光線を使用するのでレーザー脱毛は紫外線量の多い夏はしないほうがいいと伝えられています。
足の脱毛は特別、足が太陽の光に当たることでUVが悪影響を及ぼすので、警戒心を持ちましょう。

 

 

医療機関であれば、湘南美容外科がオススメです。

店舗数も多く、医療機関としてはリーズナブルな価格となっています。
また、1コイン(500円)の脱毛もあります。
新宿本院 新宿ANNEX 渋谷 池袋 立川 町田 上野(保険あり) 横浜 湘南藤沢 川崎 大宮 千葉 柏 名古屋 大阪梅田 大阪心斎橋 神戸 京都 広島 福岡 札幌 仙台